交通事故

ホーム » 取扱業務 » 交通事故
 交通事故により被害者側が賠償請求できる損害には、次のようなものがあります。

① 被害者が怪我をした場合
・ 入通院治療費、付添費、交通費
・ 休業損害(働けなかった分の損害)
・ 慰謝料(入通院分)

② 被害者が後遺症を負った場合は、①に加えて、
・ 介護費用(将来分)
・ 家屋等の改造費
・ 逸失利益(働けなくなった分の損害)
・ 慰謝料(後遺症による分)

③ 被害者が死亡した場合は、①に加えて、
・ 葬儀費
・ 逸失利益(生きていたら得られていたはずの利益分の損害)
・ 慰謝料(死亡による分)

 そして、被害者側にも落ち度(過失)があったという場合には、
過失相殺として、一定程度減額されることになります。

 弁護士に依頼するメリットとして、
   得られる賠償額が大きくなる可能性があります。

 また、もし、被害者の方が弁護士費用特約に加入していた場合には、弁護士費用を保険でまかなうことができます。